シナリオエディタ 宇宙船のパラメータの変更

シナリオエディタを開くと、そのシナリオに含まれる宇宙船が一覧表示される。

宇宙船をクリックして選択してから、右下のEditをクリック。
軌道要素や現在位置、残り燃料などを変更できるようになる。

設定が終わったら、右下のApplyをクリックして変更を適用する。

On the ground

Location

地上にいる宇宙船の位置を変更する。
軌道上にいる宇宙船を地上に降ろすこともできる。

Surface position

地上での位置を決定する。

Longitude 経度
Latitude 緯度
Heading 宇宙船の向き

Reference

惑星や月などの天体を選択する。

Celestial body 天体(惑星とその月)の選択
Surface base 地上基地
Landing pad 着陸パッド

滑走路を指定することはできない。

Copy state from

地上にいる他の宇宙船から、位置情報をコピーする。

これを使うと、他の宇宙船と同じ位置に移動する。
Orbiterには宇宙船どうしの衝突判定はないので、2機が重なり合うことになる。

Misc

その他の項目。

Propellant

推進剤の残量を変更する。

Docking

宇宙船および宇宙ステーションとドッキングする。

相手の宇宙船とドッキングポートを選んで、Dockをクリックするだけ。
Dock no.が自機の、using dockが相手のドッキングポートを指す。

Bring targetなら、相手がこちらの現在位置に移動する。
Move meなら、こちらが相手の現在位置に移動する。

Free flight

軌道要素や角速度など、宇宙船の軌道上での状態を決定する。

Orbital elements

宇宙船の軌道要素を決定する。

Frame

黄道面を基準にするか、赤道面を基準にするか決める。
他のMFDと併用する場合は、同じ基準を参照するように設定する。

Semi-major axis

軌道長半径。楕円軌道の長半径を指定する。
地球のまわりをほぼ完全な円軌道で周回する場合、6571kmなら高度200kmになる。

Eccentricity

軌道離心率。0にするとほぼ完全な円軌道になる。

Inclination [Inc]

軌道傾斜角。基準となる平面(黄道もしくは赤道)からの傾きを指定する。

Longitude of ascending node [LAN]

昇交点黄経/赤経。軌道の傾きは同じままで、向きが変わる。
軌道傾斜角が同じでも、LANが違えば軌道面は一致しない。

応用

打ち上げを省略して、ターゲットと同じ軌道面に宇宙船を配置することができる。
ISSとのランデブーや、地球から月へのフライトを練習するのに使える。

Semi-major axis6571kmEccentricity0(ゼロ)にする。
Orbit MFDを開いてISSをターゲットする。

Orbit MFDの右側にISSの軌道要素が表示されているので、IncLANを確認する。
同じ数値をシナリオエディタに入力。

右下のApplyをクリックすると、ISSと軌道面が一致した状態になる。

Angular velocity

角速度。
宇宙船が回転する速度を変更できる。

宇宙船が回転してコントロールできなくなった場合は、Killをクリックすると強制的に止めることができる。