JPL Horizonsから軌道をインポートする

HORIZONS Web-Interfaceを利用して、Orbiterに軌道データをインポートする手順について説明します。

JPL Horizons

JPL Horizonsは、惑星・衛星、および探査機などの軌道・位置情報を取得できるサービスです。

HORIZONS Web-Interface

設定を変更する

changeをクリックして、以下の設定を変更する。

Ephemeris Type

天体暦の種類を選択する。
Vector Tableにする。

変更したら、Use Selection Aboveをクリック。

Target Body

目標とする天体・探査機の名前を英語で入力する。

Lookup the specified body:の下に、名前を入力する。
入力したら、右端のSearchボタンをクリック。

Coordinate Origin

中心天体を示すコードを入力する。
名前を直接入力しても反映されない。

コードを入力したら、Searchをクリック。

@10
@sun
Sun 太陽
@199 Mercury 水星
@299 Venus 金星
@399
500
Earth
(Geocentric)
地球
@499 Mars 火星
@599 Jupiter 木星
@699 Saturn 土星
@799 Uranus 天王星
@899 Neptune 海王星
@999 Pluto 冥王星

これら以外の天体など、詳しい情報は以下のリンクを参照。

NAIF Integer ID codes

Time Span

データを取得する期間を設定する。

開始日時と終了日時を両方入力する。
片方だけではエラーになる。

年・月・日をハイフンで接続する。
2000-01-01のように入力する。

Step Sizeでデータの間隔を設定する。
1 daysなら、1日の間隔でデータが出力される。

入力したら、Use Specified Timesをクリック。

Table Settings

出力されるデータの形式を選択する。

Default Optional Settingsをクリックすると、デフォルトの設定に戻る。

Select vector table output

Type 2 (state vector {x,y,z,vx,vy,vz})を選択する。

Optional vector-table settings:

output unitskm & km/sに変更する。

入力したら、Use Settings Aboveをクリック。

Display/Output

変更しなくてよい。
default (formatted HTML)のままにしておく。

データを取得する

以上の設定が終わったら、Generate Ephemerisをクリック。

シナリオファイルの作成

Horizonsの画面を下にスクロールする。
Resultsまで移動する。

$$SOEの下の3行をコピーする。
コピーしたら、このページに戻る。

シナリオ作成機

中心天体の名前を英語で入力する。
コピーしたデータを入力欄に貼り付ける。
作成ボタンをクリック。

Scenariosフォルダを開いて、作成した.scnファイルを貼り付ける。

例題

以下に入力例を示す。

あらかじめ、これらの設定も変更しておくこと。

Ephemeris Type VECTORS
Table Settings quantities code=2; output units=KM-S

ISSの現在位置

Target Bodyを開く。
Lookup the specified body:の下に、ISSと入力する。
入力したら、右端のSearchボタンをクリック。

Coordinate Originを開く。
@399と入力して、Searchをクリック。

Time Spanを開く。
Start Timeに今日の日付を入力。
Stop Timeに明日の日付を入力。
Use Specified Timesをクリック。

Generate Ephemerisをクリック。
$$SOEの下の3行をコピーする。

シナリオ作成機で、中心天体にEarthと入力する。
コピーしたデータを下の入力欄に貼り付ける。

ボイジャー2号の木星フライバイ

Target Bodyを開く。
Lookup the specified body:の下に、voyager 2と入力する。
入力したら、右端のSearchボタンをクリック。

Coordinate Originを開く。
@599と入力して、Searchをクリック。

Time Spanを開く。
Start Time1979-07-09と入力。
Stop Time1979-07-10と入力。
Use Specified Timesをクリック。

Generate Ephemerisをクリック。
$$SOEの下の3行をコピーする。

シナリオ作成機で、中心天体にJupiterと入力する。
コピーしたデータを下の入力欄に貼り付ける。

はやぶさ2の現在位置

Target Bodyを開く。
Lookup the specified body:の下に、hayabusa 2と入力する。
入力したら、右端のSearchボタンをクリック。

Coordinate Originを開く。
@10と入力して、Searchをクリック。

Time Spanを開く。
Start Timeに今日の日付を入力。
Stop Timeに明日の日付を入力。
Use Specified Timesをクリック。

Generate Ephemerisをクリック。
$$SOEの下の3行をコピーする。

シナリオ作成機で、中心天体にSunと入力する。
コピーしたデータを下の入力欄に貼り付ける。