Orbiter2010のダウンロード+インストール

ダウンロード

以下のリンクをクリック。

Orbiter 2010-P1 | Orbiter Forum

ページ右側のDownloadボタンをクリック。

orbiter100830.zipをダウンロードする。

インストール

ダウンロードしたzipファイルを、適当なフォルダに置いて解凍する。

インストール先のフォルダ、及びその上位フォルダの名前には半角英数のみを使う。

MODを追加する

音声・グラフィックMODを導入する。

参照:OrbiterにMODを導入する

OrbiterSound 4.0

音声再生MODのOrbiterSound 4.0を導入する。

OrbiterSound 4.0

5.0ではなく、その下の4.0をダウンロードする。

ダウンロードしたファイルをダブルクリック。

Browseボタンをクリック。
Orbiterがインストールされているフォルダを指定する。

下のInstallボタンをクリック。

Exitをクリックして、インストーラを閉じる。

参照:OrbiterSound 4.0のインストールと設定

D3D9Client

描画MODのD3D9Clientを導入する。

D3D9Client for Orbiter

ページを下にスクロールする。
Additional Downloadsまで移動する。

Downloads for Orbiter 2010-P1のリンクをクリック。

ダウンロードしたファイルを解凍して、中にあるファイル・フォルダをすべてコピーする。

コピーしたファイル・フォルダを、Orbiterのインストールフォルダに上書き。

参照:D3D9Clientのインストールと設定

DirectX9.0c

D3D9Clientのために、DirectXのランタイムを導入する。

DirectX End-User Runtimes (June 2010)

ダウンロードしたファイルをダブルクリック。
Yesをクリック。

Browseをクリックして、展開先のフォルダを指定する。
大量のファイルが吐き出されるので、あらかじめ空きフォルダを作成したほうがよい。

OKをクリック。

指定したフォルダの中にある、DXSETUP.exeをダブルクリック。
指示にしたがってインストールする。

高解像度テクスチャ(オプション)

以下のファイルを導入することで、地球・月・火星を高解像度化できる。
これを導入しなくてもゲームは動作する。

orbiter2010hires.7z
(1.41GB、解凍後は2.78GB)

ダウンロードしたファイルを解凍(7-Zipが必要)して、中身をOrbiterフォルダに上書き。

その他の惑星・衛星:Orbiter2010のグラフィックMOD

起動と設定

OrbiterSoundD3D9Clientを導入していることを前提に解説する。

Orbiterの起動

Orbiter_ng.exeをダブルクリック。

モジュールの有効化

Modulesをクリック。
以下の3つにチェックを入れる。

D3D9Clientの設定

Videoをクリック。
右下のAdvancedをクリック。

左下のCreate symbolic linksをクリック。
はいをクリック。

OKをクリックしてウィンドウを閉じる。

ゲームの開始

Scenariosをクリック。

フォルダのアイコンをダブルクリック。
赤い三角のアイコン(シナリオファイル)をダブルクリック。

2010 Edition\Welcomeでは、あらかじめ設定されたシナリオが自動再生される。
自分で宇宙船を操作する場合は、別のシナリオファイルを選択する。

初回起動時のメッセージ

初回起動時のみ、OrbiterSoundのメッセージが出るようになっている。
space(スペース)キーを押して消去する。

セーブ+ロード

ゲーム内でF4キーを押す。
左上に小さいウィンドウが表示される。

Quicksaveをクリック。
Quicksaveフォルダにセーブデータが作成される。

ゲームを終了したら、Scenariosをクリック。
Quicksaveフォルダを開くと、セーブしたシナリオを選択できる。

ゲームの終了

Ctrlキーを押しながらQを押す。
もしくは、F4を押してExitをクリック。

ゲームを終了すると、(Current state)に自動でセーブされる。
このファイルからゲームを再開することもできる。

Save Currentをクリックすると、この自動セーブに名前をつけて保存できる。